未分類

営業したって儲からない理由

 

社員50名以下
実証済運送会社経営実践マニュアル 
発行人 鳥海祐二です

 

From 浜北オフィス

 

 

おはようございます。

 

 

 

 

社長として“集客・値上・教育”自分なり一生懸命やっている…
まして他人に口出しされるのは癪に障る
でも今のやり方が正しいのか?時々不安になる
そんな前向きな社長のあなたのために

 

過去の前例や時代遅れの経験則にばかり頼っていませんか?

 

リーマン・ショック前の景気、バブル期の景気は
もう二度と戻ってきません。

 

この先どうなるのか?明確にはわかりませんが
過去の経験則では答えは出ないこと明らかです。

 

私はそう考え行動をおこしました。その検証結果を元に

 

・もっと効率的にお金を掛けずに新規荷主獲得する方法
・もっと論理的に、そして顧客に値上を認めてもらう方法
・時間はかかるが、もっと社長の考えを理解し自ら考え行動する社員を育成する方法

 

今のあなたの行動力・考え方に+α
集客、値上、教育を体系的・論理的に理解し
効率的に業績アップする方法を提案します。

 

 

========
↓本日のブログ↓
========

 

 

質問です。

どちらの商品サービスが高く売れると思いますか?

(※両方共同じ商品です)

 

 

1,この商品サービスを買ってくれませんか?




2,この商品サービスが欲しければ

  売ってあげてもいいですよ?

 

 

ほとんどの方が、2を選択します。

 

 

 

なぜ?

2のほうが高く売れるのか?

買ってもらえるのか?

わかりますか?

 

 

この質問に至るまでの物語が

営業マーケティングの違いです。

 

 


営業とは…

飛込みに代表されるように

相手に商品サービスの知識が全く無かったり

商品サービスの必要性を然程感じていない

状態にも関わらず

商品サービスの購入を強烈にプッシュする。

 

 

 

マーケティングとは…

商品サービスの必要性に迫られた状態で

同様の商品サービスの比較検討を行い

自分(自社)にとって絶対に必要だと感じている

人に商品サービスの購入を後押しする。

 

 

 

 

このように

マーケティングシステムを活用するには

同業他社と同商品サービスとの比較検討されることを

前提に、自社商品サービスの認知をさせるための施策

同業他社との優位性、顧客が絶対必要だと感じる

施策、最終購入の後押しをする必要がある。

 

 

 

まずは認知→FAXDM、ブログ、Youtube


優位性必要性を訴える

→ニュースレター、ブログ、Youtube

 

購入の後押し→FAXDM、セールスレター、LP

これらをやり続ける事で

 

 

 

2,この商品サービスが欲しければ

  売ってあげてもいいですよ?

 

の質問(問いかけ)に対して

文句も言わず、値下げも要求することなく

こちらの提示してもらった単価で

商品サービスの購入をしてもらうことが

出来るようになる。

 

 

 

これぞ

THE運送屋マーケティング

です。

 

 

 

 

 

本日も最後までブログをご覧下さりありがとうございました。

 

 

 

 

もし鳥海祐二に興味を持っていただけたなら

公式LINE@の登録、公式Youtubeのチャンネル登録を

下記よりお願いします。

 

 

 

 

【Official LINE@】↓登録↓はクリック
友だち追加

 

 

【Official YouTube】
チャンネル↓登録↓お願いします

 

鳥海祐二

ボンクラ2代目社長再生の専門家 鳥海祐二です。

僕が社長になってからのつらくて厳しい経験をもとに、後継社長にアドバイス、コンサルティング、セミナーを行っています。

 

とりうみゆうじ事務所 事業内容

◆社長の個別コンサルティング

◆【鳥海式】2代目社長の帝王学 鳥海塾 主宰

◆BtoBマーケティング導入支援
→特に郵送DM、FAXDM、ニュースレターによる新規顧客獲得

◆ハイブリッド求人マーケティング導入支援
→無料求人誌、求人サイトの見込求職者層を御社の情報にマッチングさせ面接のアポを取ります

◆社員教育導入支援
→4つのフェーズから成っています。
第1フェーズ 新人教育プログラム
第2フェーズ 一般社員プログラム
第3フェーズ 幹部社員プログラム
第4フェーズ 社長自己実現プログラム

◆社員教育請負

◆各種講座開催

以上

 

公式LINE@

公式YouTube