未分類

【警告】国土交通省に騙されるな!

社員50名以下
実証済運送会社経営実践マニュアル 
発行人 鳥海祐二です

 

From 浜北オフィス

 

 

おはようございます。

 

 

 

 

社長として“集客・値上・教育”自分なり一生懸命やっている…
まして他人に口出しされるのは癪に障る
でも今のやり方が正しいのか?時々不安になる
そんな前向きな社長のあなたのために

 

過去の前例や時代遅れの経験則にばかり頼っていませんか?

 

リーマン・ショック前の景気、バブル期の景気は
もう二度と戻ってきません。

 

この先どうなるのか?明確にはわかりませんが
過去の経験則では答えは出ないこと明らかです。

 

私はそう考え行動をおこしました。その検証結果を元に

 

・もっと効率的にお金を掛けずに新規荷主獲得する方法
・もっと論理的に、そして顧客に値上を認めてもらう方法
・時間はかかるが、もっと社長の考えを理解し自ら考え行動する社員を育成する方法

 

今のあなたの行動力・考え方に+α
集客、値上、教育を体系的・論理的に理解し
効率的に業績アップする方法を提案します。

 

 

========
↓本日のブログ↓
========

 

 

 

 

 

 

 

今日は先日の日経新聞の記事が気になったので

書いています。

 

 

 

クロネコヤマトさんのお陰で

運送業界は運賃アゲアゲムード全開です。

 

 

 

あくまでムードだけですけどね(笑)

 

 

 

今回日経新聞に載ったのは

 

運送に係る作業を細分化して

コストを積み上げていく事で

運賃を算出する方法を提案している。

 

 

 

これだけ見ていると

ごもっともだぁーみたいに思うかも知れない。

 

 

 

この方式は、建設業などの見積方式と

同じで、掛かるコストをお客に請求する仕組みで

理にかなっている。

 

 

 

十数年前に流行った物流ABCの方式の事を言っている。

でも落とし穴がある。

 

 

 

このことについては

絶対に国土交通省触れない

 

 

 

それは、物流ABCでアクティビティ単価をだす時に

基準を設ける

 

 

 

この基準が曲者で

年間なり月間なりの

荷量を基準にして全てのアクティビティ単価を

算出するということ。

 

 

 

要は、基準の量を超えた場合

運送屋が得をする。

 

 

基準の荷量を下回った場合

荷主が得をするということ。

 

 

 

基準が平均荷量なのでどうしても

こうなってしまう。

 

 

 

このやり方では運送屋が

リスクを抱えることになることを覚えておいて欲しい。

 

 

 

詳しい対処方法については

6月24日(土)浜松での無料セミナーで

お話をさせていただきます。

 

 

無料セミナー情報はこちら→https://goo.gl/MwxteO

 

 

 

 

本日も最後までブログをご覧下さりありがとうございました。

 

 

 

 

もし鳥海祐二に興味を持っていただけたなら

公式LINE@の登録、公式Youtubeのチャンネル登録を

下記よりお願いします。

 

 

 

 

【Official LINE@】↓登録↓はクリック
友だち追加

 

 

【Official YouTube】
チャンネル↓登録↓お願いします

 

鳥海祐二

ボンクラ2代目社長再生の専門家 鳥海祐二です。

僕が社長になってからのつらくて厳しい経験をもとに、後継社長にアドバイス、コンサルティング、セミナーを行っています。

 

とりうみゆうじ事務所 事業内容

◆社長の個別コンサルティング

◆【鳥海式】2代目社長の帝王学 鳥海塾 主宰

◆BtoBマーケティング導入支援
→特に郵送DM、FAXDM、ニュースレターによる新規顧客獲得

◆ハイブリッド求人マーケティング導入支援
→無料求人誌、求人サイトの見込求職者層を御社の情報にマッチングさせ面接のアポを取ります

◆社員教育導入支援
→4つのフェーズから成っています。
第1フェーズ 新人教育プログラム
第2フェーズ 一般社員プログラム
第3フェーズ 幹部社員プログラム
第4フェーズ 社長自己実現プログラム

◆社員教育請負

◆各種講座開催

以上

 

公式LINE@

公式YouTube