人間関係

【社長専用】ネット人脈形成論

2代目社長再生の専門家 
鳥海祐二

 

From 静岡県浜松市

 

 

おはようございます。

 

いやぁー

一昨晩、スリランカ人の先輩に変な日本語で“日本人の人脈についての考え”について熱く語られた。

でも、外人の先輩が熱く語っているからヤケに説得力があったのも事実。やっぱり、外から内を見ているから真実味も湧いてきた。

日本人は、会ったことがある…とか、知っている…とかのレベルの人脈形成より、人と人が直接触れ合う人飲みニュケーション、ゴルフなど直接的に接する人脈形成をする。

それによって、人と人の距離が縮まり【信頼関係】が生まれやすい。

以前、ラグビー日本代表のヘッドコーチ、エディー・ジョーンズ氏のハードワークという本を読んだことがあるが、そこにも書いてあったが「飲みニュケーション」という文化の大切さが書かれていた。

日本人よりドライな外国人の方達は、日本の人脈形成について本当の信頼関係を創りやすいと感じているようだ。

ミクシーよりFacebook

最近ミクシーって廃れてますよね!ま~Facebookも一時よりは大分廃れてますけど、そうは言ってもFacebookですよね。

もう20年前ですかね、ミクシーが流行ったのは。結局Facebookに押されて存在感が大分薄れてきました。

使用者数の違い、言語対応力の違いがこの結果を生んだんだと僕は思ってます。

でも、日本人は基本的に居酒屋なんかでのリアル飲みニュケーション+SNSのつながりというのが、一番しっくり来る。

というか、俺自身が一番しっくり来るんだよね。

今でも、会ったこともない人から、Facebookでいきなり直コメント来たりするけど、ちょっと抵抗があるし、それに直接あった人には、コメントも書きやすいしね❗

日本人の大半のおっさん、おばはんは、俺と同じ考えのはず。

結局はリアル

俺も人のことは言えないが、ネット使ったり、ニュースレター配布したりして人との繋がりを増やそうと必死になっている事実はある。

でも、最終的には興味関心を抱いてくれた人と直接リアルで会って、仕事の話だったり、相談だったりをするのが目的であって、ネットやニュースレターといった人気や感情の入ってない媒体で商売をして終わりにしようなどとは思ったこともない。

商品やサービスの購入を決断するのは、最後は人だ。

だから、どれだけ人と触れ合って信頼を勝ち得て行くかが勝負だ。

ネットやニュースレターの使い方を間違えてはいけない。

効率よく、低コストで人と出会うため

俺達に興味関心を示してくれた人と出会うため

に使ってほしい。

 

 

 

◆今日の質問

毎日ちょっと時間をとって
質問について考え・答えるだけで
あなたの思考整理に必ず役に立ちます



↓今日の質問↓
信頼関係築けてますか?

 

 

 

本日も最後までご覧下さりありがとうございました。

鳥海祐二

ボンクラ2代目社長再生の専門家 鳥海祐二です。

僕が社長になってからのつらくて厳しい経験をもとに、後継社長にアドバイス、コンサルティング、セミナーを行っています。

 

とりうみゆうじ事務所 事業内容

◆社長の個別コンサルティング

◆【鳥海式】2代目社長の帝王学 鳥海塾 主宰

◆BtoBマーケティング導入支援
→特に郵送DM、FAXDM、ニュースレターによる新規顧客獲得

◆ハイブリッド求人マーケティング導入支援
→無料求人誌、求人サイトの見込求職者層を御社の情報にマッチングさせ面接のアポを取ります

◆社員教育導入支援
→4つのフェーズから成っています。
第1フェーズ 新人教育プログラム
第2フェーズ 一般社員プログラム
第3フェーズ 幹部社員プログラム
第4フェーズ 社長自己実現プログラム

◆社員教育請負

◆各種講座開催

以上

 

公式LINE@

公式YouTube