求人採用

【求人採用】無料求人誌を使っての採用の実態

2代目社長再生の専門家 
鳥海祐二

 

From 静岡県浜松市

 

 

おはようございます。

 

無料求人誌掲載についての情報をお伝えします。

全国展開をしているリクルートのタウンワークを始め、各地域に無料求人誌があると想います。

お近くのコンビニやショッピングセンターへ行って見てください。

1年前に比べるととても厚くなっているはずです。先日、営業マンに聞いたら1年前の1.3倍から1.5倍求人が増えているそうです。

求職者目線で言えば、仕事は選び放題となっています。嫌な仕事ならすぐに辞めても次の仕事に困ることがない状況になっています。

我々企業側目線で言えば、求人誌を見ても連絡すらない!稀に面接まで来たとしても、望むような人材は来ず求人広告費ばかりがかさんでいってるはずです。

どうしたら求職者が面接に来るのか?

できるできないはおいておいて、即効性がある方法は同業他社を上回る給料を含む待遇面を全面に押し出すことです。

多くのコンサルタントや会計士は給料や待遇面ではなく「やり甲斐」だとか「未来を見せる」だとかいいますが、そんなものは入社してから(自社の手中に入ってから)行えばいいわけです。

無料求人誌を見ている9割以上の人は【職種】【立地】【給料】【待遇】をみて面接に行くかどうかを判断をしています。

それ以上でもそれ以下でもありません。

同業他社を圧倒する待遇面を押し出せない御社

無料求人誌を見ている8割以上の人は【職種】【立地】【給料】【待遇】をみて面接に行くかどうかを判断をしているとお伝えしましたね!

これができないのであれば、残りの2割以下を狙っていくしかありません。

この2割以下の人達は、なにか「問題」があって転職を考えていたり、「やり甲斐」を見出すために転職を考えています。

この層にアピールするには、彼らに響くメッセージ写真を求人誌に載せることで反応し面接へと導くことができます。

その方法は、御社の社員さんへアンケートをとって、なぜ?転職してきたのかを突き止めてください。

そして、この会社に入ってどういう変化があったのかを突き止めてください。

これらを突き止めることで、求職者の問題ややり甲斐をあぶり出し、それを言語化しメーッセージへと変え求人誌のキャッチコピーとして使うことで、行動を喚起し面接へと導くことが可能となります。

是非、チャレンジしてみてください。

 

 

 

本日も最後までご覧下さりありがとうございました。

鳥海祐二

ボンクラ2代目社長再生の専門家 鳥海祐二です。

僕が社長になってからのつらくて厳しい経験をもとに、後継社長にアドバイス、コンサルティング、セミナーを行っています。

 

とりうみゆうじ事務所 事業内容

◆社長の個別コンサルティング

◆【鳥海式】2代目社長の帝王学 鳥海塾 主宰

◆BtoBマーケティング導入支援
→特に郵送DM、FAXDM、ニュースレターによる新規顧客獲得

◆ハイブリッド求人マーケティング導入支援
→無料求人誌、求人サイトの見込求職者層を御社の情報にマッチングさせ面接のアポを取ります

◆社員教育導入支援
→4つのフェーズから成っています。
第1フェーズ 新人教育プログラム
第2フェーズ 一般社員プログラム
第3フェーズ 幹部社員プログラム
第4フェーズ 社長自己実現プログラム

◆社員教育請負

◆各種講座開催

以上

 

公式LINE@

公式YouTube