求人採用

「無料」なのに、なぜ使わない?

現場好きな労働者社長
プロ経営者へ変える
専門家 鳥海祐二

From 静岡県浜松市

 

おはようございます。

 

昨日の続きを話しますね!ハローワークに求人票を出しても望むような人材が集まることは望み薄ですが、求人媒体としては日本中のどの媒体よりも信頼性、公共性、権威性、どれをとってもナンバーワンです。

そしてなんと言っても無料です。

この無料のハローワークを基点に高額ネット媒体や、無料求人誌を補助的な役割で使いコストをコントロールしながら求人採用の導線を組み立てて運用することです。

これをやらないと人が集まらないばかりか求人広告費が際限なくかかり最悪の事態を招きます。

集まらないなら徹底的にコストを下げる!

コストは掛けずともできることを徹底的にやる!

 

これしかないです。

とにかく、ハローワーク求人票の「質」をあげろ

ハローワークの求人票を凝視したことありますか?

どれも変わり映えしない条件や待遇の仕事が並んでいます。

ハローワークへ行くと求職票担当者が色々アドバイスを受けながら求職票を作ることになります。

【ここに問題がある】

いつも同じ人がアドバイスしそれを元に求人票を作るわけだから職種、仕事内容、待遇は変わったとしても、同じような求人票が出来上がることになります。

だから、代わり映えしない求人票がハローワーク内には所狭しと貼ってあるんです。

僕(鳥海)は

『ハローワーク採用の絶対法則』 著書 五十川将史

https://amzn.to/2ruUolC

 

こちらを読んで他社と圧倒的微差をつけるために求人申込表の内容の文字数制限ギリギリまで、情報を放出することを学び実践しています。

これを実際にやってから2週間で3人連絡がきて1人面接に来ました。

残念ながら、その1人は採用には至りませんでしたが、ちょっと手を加えただけで連絡がきたのは驚でした。

タウンワークなどの無料求人誌だと情報を出したくとも30文字〜50文字弱の情報した書くことができません。

それに比べるとハローワークの求人票には沢山の情報を書くことができます。

どれだけ書けるか?

「事業内容」
30文字×3行=90文字
「会社の特徴」
30文字×3行=90文字
「仕事内容」
27文字×11行=297文字
「求人条件にかかる特記事項」
27文字×8行=216文字
「備考」
26文字×8行=208文字
『職種』
14文字×2行=28文字
ハローワークの求人票にはこれだけの情報を書き込むことができます。
これらを有効に使って情報を無料で放出できるのはハローワークだけです。
これを使わない手はないですよ!

 

 

 

本日も最後までご覧下さりありがとうございました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■【緊急】日刊メールマガジン 引越しします。

※2019年1月1日(元旦)に、こちら(↓)に完全移行。
お早めの登録をおすすめします。

※ブログのように自分から見に行かなくても
勝手にメールに届くメルマガが便利です。

更にバージョンアップします
日刊メルマガ【社員50名以下】中小企業の近未来予想図
https://m.toriumiyuji.com/p/r/RCDVZ3xn

 

■LINE@に登録いただくと、たまに「ここだけの情報」を流します。

今すぐLINE@に登録
https://line.me/R/ti/p/%40xou5881o

 

 

今日も全力で人生と商売を楽しみましょう

鳥海祐二

ボンクラ2代目社長再生の専門家 鳥海祐二です。

僕が社長になってからのつらくて厳しい経験をもとに、後継社長にアドバイス、コンサルティング、セミナーを行っています。

 

とりうみゆうじ事務所 事業内容

◆社長の個別コンサルティング

◆【鳥海式】2代目社長の帝王学 鳥海塾 主宰

◆BtoBマーケティング導入支援
→特に郵送DM、FAXDM、ニュースレターによる新規顧客獲得

◆ハイブリッド求人マーケティング導入支援
→無料求人誌、求人サイトの見込求職者層を御社の情報にマッチングさせ面接のアポを取ります

◆社員教育導入支援
→4つのフェーズから成っています。
第1フェーズ 新人教育プログラム
第2フェーズ 一般社員プログラム
第3フェーズ 幹部社員プログラム
第4フェーズ 社長自己実現プログラム

◆社員教育請負

◆各種講座開催

以上

 

公式LINE@

公式YouTube