1. TOP
  2. マーケティング
  3. 2018年元旦 自分に正直に生きる人のためのメルマガ【問Riマガ】始まります

2018年元旦 自分に正直に生きる人のためのメルマガ【問Riマガ】始まります

 2017/12/26 マーケティング 魔法のしつもん
この記事は約 5 分で読めます。 415 Views

世の中がどんなに変わって、どんな未来になろうとも
『あなたの未来』が明確になる

 

2018年元旦スタート
鳥海公式無料メルマガ

問Riマガ】登録者大募集!

 



鳥海公式メルマガ 【問Riマガ】登録フォーム
メールアドレス 必須
姓名必須 (姓)  (名)
年代 必須
都道府県 必須

※ご登録頂いた方全員に
1,人材確保4つの方法 動画
2,お客が集まるDMの作り方 動画
  無料プレゼント中

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

【問Riマガ】では、毎日あなたに“しつもん”をしていきます。

この質問にこたえることで、自分自身の心の中の答えに気づき

明確な行動指針が必ずでてきます。

 

しかし、9割以上の方達は思っているだけで行動に移しません

 

これは、あなたが受けてきた教育、育ってきた環境に影響をされています。

大勢の中で、目立つこと、突飛なことを避け事なかれ主義を選択したがります。

そして、自分自身に制限をかけることが習慣化していき

行動に移さないことが当たり前になってきたのです。

 

高度経済成長を経験し、豊になった日本人は

考える事行動すること捨て社会や組織の一部品として

生きることで安定を手に入れてきました。

 

 

しかし、日本の構造自体が大きく変わり始めました。

 

それに気づき行動を起こしたが進む道がわからない人

気づいてはいるがどうしたらいいのかわからない人

 

この両者を対象に自らの進むべき道の羅針盤となるべく

“しつもん”をしていきます。

 

 

ビジネスに携わっていると、日々様々な問題や課題が降り掛かってきます。

これは人生においても全く同じです。

 

それらをなんとか解決しようと格闘し、答えを外部に探している状態が続きます。

しかし、答えは「外」にはありません。

 

自分自身、あるいは所属する会社、組織などの内側に必ず存在します。

 

自分の中にある答えに気づくことで的確な判断を迅速に行えるようになり

明確な行動へと移すことができるようになります。

 

まずは

①自分自身の中の答えに気づくこと

②明確な行動をする上で、必要な知識・ノウハウを身に付ける

 

この順番を間違えるとあなた自身が望む成果を達成できないということになります。

 

 

2018年から生まれ変わるために

まずは自分自身の中の答えに気づくために【問Riマガ】を購読して下さい。

 



鳥海公式メルマガ 【問Riマガ】登録フォーム
メールアドレス 必須
姓名必須 (姓)  (名)
年代 必須
都道府県 必須

※ご登録頂いた方全員に
1,人材確保4つの方法 動画
2,お客が集まるDMの作り方 動画
  無料プレゼント中

 

\ SNSでシェアしよう! /

わかりやすい“しつもん”に答えるだけで 会社の業績UPする方法を知りたくありませんか?“現役”運送屋社長&質問家 鳥海祐二のブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わかりやすい“しつもん”に答えるだけで 会社の業績UPする方法を知りたくありませんか?“現役”運送屋社長&質問家 鳥海祐二のブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

鳥海祐二

鳥海祐二

静岡県浜松市のエイコー運輸㈱代表取締役、同業者向けマーケティング塾"鳥海塾”主宰、魔法のしつもん認定マスター。
労働集約型産業においてもマーケティングは絶大な力を発揮します。売上を上げるには絶対にマーケティングは必要です。
しかし、労働集約型産業の場合『設備=人』で売上の頭打ちが必ず起こります。設備=人を現状維持のまま売上をあげようとすると"人”の力が必ず必要になってきます。
社員さんが自発的に【考え】【気づき】【行動】を起こしてもらうためには、そのキッカケとなる適切な"しつもん”を提供する必要があります。
僕はこの"しつもん”を適切なタイミングで、適切なしつもんを発信することが得意です。
しつもんは社長も社員も変える魔法です。

コメントを残す

*

CAPTCHA


この人が書いた記事  記事一覧

  • 未来に絶望しているあなたへ!

  • 友達いっぱいいますか?

  • 仮想通貨が激下がり

  • 本当の答えをあなたは知らない