1. TOP
  2. マインドセット
  3. <質問>どうやったら給料上がりますか?

<質問>どうやったら給料上がりますか?

マインドセット 社長感
この記事は約 4 分で読めます。 403 Views

最新情報は【公式LINE@】より配信しています

↓登録↓は今すぐクリック
友だち追加

 

 

 

 

労働集約型中小企業経営者の
『人材』『集客』『金』
の問題を解決する専門家 鳥海祐二

 

 

From 自宅

 

 

 

おはようございます。

 

会社の運営をしていく最低限の稼ぎはなんとかある。
でも「安定している実感がない」「将来への不安がある」

今は既存顧客に喰らいついていくことしか考えられない。

そんなあなたの不安や悩みを解決するヒントとなる
記事を毎日更新しています。

 

 

 

 

 

<質問>

どうやったら給料上がるんですか?

 

 

僕のLINE@登録者から質問を貰った。

LINE@登録はこちら

https://line.me/R/ti/p/%40aqm4545e

 

 


<答え>

社長(経営者)が決断すれば…

 

 

本当、これだけなんですよ。

 

 

僕は会社が回りさえすれば

いくら払ってもいいといつも考えている。

 

 

でも、この会社が回りさえすればってのが

問題なんだけど

 

 

会社を経営する以上

不測の事態があった場合でも対応できるだけの

余剰金が必要なわけだよね。

 

 

この余剰金の額が、3ヶ月と言うけど

ボク個人としては2ヶ月位と思っている。

 

 

月収3000万円の会社なら

6000万円位は常時通帳なりに

ある状態で会社を運営していきたいと思っている。

 

 

でも、これは完全に経営者目線であるよね。

 

 

運転手さんからしてみれば

何をすれば給料上げてくれるのかってことだけど

 

 

決まり決まった仕事では

決まった金額しかもらえないのが当たり前

 

 

残業で稼ぐ?回数で稼ぐ?

って考えがちだけど

そうじゃないんだよね。

 

 

これは運転手さん1人では決められない

かもしれないけど

運転手さん自身も多能工化して

なんでもできるようにしなくてはいけない。

 

 

会社も、ウチは自動車部品専門の会社

何だなんて意固地にならないで

なんでもやるんだとの気概を持たなくては

行けないよね。

 

 

その上で効率よく運行をすることが

一番手っ取り早く稼ぐ方法だよね。

 

 

今までとは違う

新しい物を取り入れてかなくてはいけない。

 

 

今の延長線上稼ぎを増やす方法には限界がある。

 

 

タダの運転手はもう稼げない。

 

 

どっかの会社じゃないけど

セールスドライバーにならないと

本当に稼げない時代になったんだよね。

 

 


セールスドライバーって言うのは

多能工者なんでも屋ってことだよ。

 

 


もちろん社長も

運送屋の社長じゃなくて

金稼ぎ屋にならなくてはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までブログをご覧下さりありがとうございました。

 

 

 

 

 

最新情報は【公式LINE@】より配信しています

↓登録↓は今すぐクリック
友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

【自分を犠牲にして…家族を犠牲にして…全てを投げ売って…】1人で頑張る社長の読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【自分を犠牲にして…家族を犠牲にして…全てを投げ売って…】1人で頑張る社長の読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

鳥海祐二

鳥海祐二

社長として“集客・値上・教育”全部やってきた。今でもなんとかなっている。自分の会社のことに関して、真っ赤な他人に口出しされるのは癪に障る。でも、今のやり方が正しいのか?不安になることがある。そんな社長のために書いているブログです。たまには自分以外の考えの鳥海と「答え合わせ」をしてみてください。


コメント

  1. たにゃ~かショベル より:

    余剰金、大事だと思います。長距離の仕事だとどうしてコンプライアンスをいくつか破らなけけばなりません。だからドライバーにかなり過酷な労働をしいらなけばなりません。だから事故起こす確率が高くなります。車両を潰すじゃあだっり人身だっりいろいろそれに伴う経費がけっこうかかります。うちも豊田
    から熊本行きの仕事で久留米ぐらいで信号無視で車両を潰す事故をしまいました。荷主や届け先の客に対する賠償金、事故したトラック引き上げの経費、巻き込まれた人のお見舞い金&交通費、などいろいろ大変です。

    1. 鳥海祐二 鳥海祐二 より:

      確かにおっしゃる通りですね。
      リスクがメッチャ高いのは事実です。
      弊社エイコーでは、リスクを減らすため基本フリー便は極力避けています。
      そうしないと時間の管理が会社側でできなくなってしまうからです。
      その反動で、なんでもできる多能工社員がいなくなってしまいました。
      今では、サラリーマン運転手ばかりです。

コメントを残す

*

CAPTCHA


この人が書いた記事  記事一覧

  • 他人の事はよく分かる

  • どのくらい給料上がったらいいですか?

  • お客様からクレームをもらったら

  • 挫折を大切に