1. TOP
  2. マインドセット
  3. 貧困児童・学生問題

貧困児童・学生問題

 2018/02/10 マインドセット 社長感 魔法のしつもん
この記事は約 3 分で読めます。 346 Views

社長の本気を引出す質問家 鳥海祐二

 

 

From 静岡県浜松市

 

 

 

おはようございます。

 

 

 

 

 

昨年、同級生が

貧困児童・学生の支援をしていた。

 

 

僕も興味があるので

話を聞いてみたが、様々な問題がある。

 

 

その中で一番大きな問題が

表に出てこないコト

 

児童であれば

貧困児童であることを認識していない

可能性が非常に高い。

 

学生であれば

世間体や仲間との人間関係から

自らが貧困であることを言い出せない

可能性もある。

 

父兄であれば

世間体から自らが貧困であることを

言い出せない可能性がある。

 

学校側も

それぞれの家庭のことなので

深くまでは首を突っ込めないという。

 

 

様々な環境、課題や問題が

混ざりあい、これだという解決策が

ないことが現状である。

 

 

とは、言っても

貧困児童・学生の問題は

今このブログを書いている間も

深刻化を増している状況であるということ。

 

 

僕達にできることは

お金の支援の前に子供達のそばに

いって耳を傾けることが最初だとおもう。

 

お金はその先かな

 

 

 

 

 

 

本日の質問


あなたが子供達の未来のためにできることはなんですか?


<<回答はこちら>>

https://form.os7.biz/f/5fff5255/

 

 

本日も最後までブログをご覧下さりありがとうございました。

\ SNSでシェアしよう! /

これで中小企業の“人手不足”即解消!無料求人誌掲載前に押さえておきたい5つの手順を大公開の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

これで中小企業の“人手不足”即解消!無料求人誌掲載前に押さえておきたい5つの手順を大公開の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

鳥海祐二

鳥海祐二

社長・経営者・起業家の「やる気・気づき・コミット」
を引出すビジネス質問家 鳥海祐二です。

ビジネス質問家って??とよく聞かれます。 笑
士業の先生やコンサルタントと比較してお話しますね!

士業の先生やコンサルタントは「情報や方法を教える」ことが仕事ですが、僕達ビジネス質問家は「やる気・気づき・コミット」引き出すことが仕事です。

質問を取り入れることで
1,売上や利益を改善した会社
2,顧客・社員間の関係性が変わりチーム力が上がって成果を出している会社
3,しつもんは思考の質を上げるので新しい物への取り組む姿勢が変わったり変化や多様性を受け入れるようになった会社

がたくさんあります。

要は自分達で考え・行動する仕組みづくりをお手伝いしています。

コメントを残す

*

CAPTCHA


この人が書いた記事  記事一覧

  • 【求人について】私は◯◯で仕事辞めました

  • 私事ですが…股間に◯◯喰らいました

  • 【求人について】求職者とのすれ違い

  • 【求人について】仕組を持っていますか?