1. TOP
  2. セミナー情報
  3. 社長の悩みを台風5号でぶっ飛ばす

社長の悩みを台風5号でぶっ飛ばす

セミナー情報 マインドセット 社長感
この記事は約 3 分で読めます。 416 Views

最新情報は【公式LINE@】より配信しています

↓登録↓は今すぐクリック
友だち追加

 

 

社員50名以下 運送会社専門
鳥海塾 塾長 鳥海祐二

 

 

From 浜北オフィス

 

 

 

おはようございます。

 

会社の運営をしていく最低限の稼ぎはなんとかある。
でも「安定している実感がない」「将来への不安がある」

今は既存顧客に喰らいついていくことしか考えられない。

そんなあなたの不安や悩みを解決するヒントとなる
記事を毎日更新しています。

 

 

 

 

この仕事がいつまで続くか不安でたまらない。




社員に文句言われるんじゃないかと不安でたまらない。




会社の資金繰りが切迫して不安でたまらない。

 


家族に合わせる顔がなく不安で一杯になる。

 

 

 

 

社長ともなればこんな不安は普通に誰でも持ってる。

 

 

それを乗り越えられるか?挫折するか?は

転換点であなたが選択する道で全てが決まる。

 

 

もしあなたが不安を乗り越えられないで

挫折していると感じるなら

 

 

あなたが選んだ道が間違っていたことになる。

 

 

不安を乗り越えたいなら

この動画は参考になります。

 

 

 

 

その不安をヤッツケて

明るい未来を手に入れる方法を知りたい方は

こちら→ https://goo.gl/hpyXdj

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までブログをご覧下さりありがとうございました。

 

 

 

 

 

最新情報は【公式LINE@】より配信しています

↓登録↓は今すぐクリック
友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

【自分を犠牲にして…家族を犠牲にして…全てを投げ売って…】1人で頑張る社長の読むブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【自分を犠牲にして…家族を犠牲にして…全てを投げ売って…】1人で頑張る社長の読むブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

鳥海祐二

鳥海祐二

社長として“集客・値上・教育”全部やってきた。今でもなんとかなっている。自分の会社のことに関して、真っ赤な他人に口出しされるのは癪に障る。でも、今のやり方が正しいのか?不安になることがある。そんな社長のために書いているブログです。たまには自分以外の考えの鳥海と「答え合わせ」をしてみてください。


コメント

  1. たにゃ~かショベル より:

    こんばんは、夏も暑くなってきてお盆前で忙しい日々を送っています。うちの会社では、ドライバー不足でトラック(4t平)が7台毎日遊んでいます。ドライバー不足が深刻な会社であります。先月、ドライバー2名給料が安くて家族を養えないと言ってうちの会社を辞めてしまいました。なんとか社長もこのままでは、いけないと思って4トンのドライバーの給料を上げようと考えています。だけど、給料良ければドライバーが簡単に補充できるのか、僕は疑問です。そこで、鳥海さんの考えを教えて頂けないでしょうか。

    1. 鳥海祐二 鳥海祐二 より:

      コメントありがとうございます。

      >給料が安い!家族が養えない!→会社をやめた

      んーわかります。僕の会社でもありますよ。これ本当に難しい問題ですね。
      でも、給料を上げれば解決するかって言うとそうばっかりは言えません。
      給料をあげることによって社員が定着する&集まる&会社が回るなら
      上げてあげたほうが絶対に良いと思います。
      それによって、会社が苦しくなるなら僕の意見としてはやめた方がいいと思います。

      人の募集に関して集めるためのテクニックはあります。
      それによって面接に来てくれる人は絶対増えます。

      もし、知りたいのであれば鳥海塾第2期募集説明会にいらしてくれれば
      その件についてもお話はします。
      https://peraichi.com/landing_pages/view/toriumijyuku2

コメントを残す

*

CAPTCHA


この人が書いた記事  記事一覧

  • 他人の事はよく分かる

  • どのくらい給料上がったらいいですか?

  • お客様からクレームをもらったら

  • 挫折を大切に