1. TOP
  2. マインドセット
  3. 無料求人誌はヤバイ その2

無料求人誌はヤバイ その2

マインドセット 人材確保 社長感
この記事は約 4 分で読めます。 364 Views

最新情報は【公式LINE@】より配信しています

↓登録↓は今すぐクリック
友だち追加

 

 

 

 

社員50名以下 労働集約型中小企業の
『人材不足』『集客』問題を解決する専門家 
鳥海祐二

 

 

From 浜松市浜北区

 

 

 

おはようございます。

 

 

 

知らないことはできなくて当たり前
決してあなたが悪いわけではない。

 

それを真摯に受け止め一歩一歩
「学び」「成長」していくことが大事

 

自ら「学び」「成長」していくあなたのために
毎日、あなたが成長できる情報を発信しています。

 

 

 

 

 

 

昨日のブログでも書きましたが

無料求人誌を使ったところで

まともな奴は集められない可能性が高い

 

 

会社から求職者に対して

伝えたい事も伝えられないメディアだから

会社と求職者のマッチングなんてあり得ない

 

 

求職者の求めるモノ会社の提供できるモノ

 

 

この関係が成り立てば

求職者は会社と雇用関係を結んでくれる。

 

 

過去にも話したが

千葉の加悦さんがいい例だと思うよ。

 

 

上の公式が成り立っているので

就職待ちの運転手さんが100人とも

200人とも言われてる。

 


求職者が求めるものを提供できれば

自ずと運転手さんは集まってくる。

 

 

 

 

ま~これは僕の会社の運転手さん

だけではなく、世間一般的な運転手さんだけど

 

 

楽して稼ぎたいと思っている層がいるってこと

 

 

20年前30年前の

運転手さんに“楽”って何?って聞くと

 

自分以外の人の仕事より

手積み手降ろしが少なく

運賃が良い

 

ことだった。

 

決して仕事をしたくないということではなく

楽をしたいということだった。

 

 

今の20代30代の運転手さんに

”楽”ってなに?って聞くと

 

・土日休みは当たり前できればもっと…

・8時間以上働きたくない残業なんてもってのほか

・決められたことだけをやる

・わからないことにはチャレンジしない

 

この世代は、決められたことをやることが

好きらしい。自分で考えて何かをしなさいというと

何もできなくなる。

 

 

運送屋に就職する層っていうのは

昔は稼げるから…だったけど

 

 

今は、本当に車が好きなそうでもない限り

運送屋に就職することはありえないよね。

 

 

では、これからどうやって

そういう層を獲得していくのか?

 

 

社長さんの思案のしどころです。

 

 

 

 

 

本日も最後までブログをご覧下さりありがとうございました。

 

 

 

 

 

最新情報は【公式LINE@】より配信しています

↓登録↓は今すぐクリック
友だち追加

\ SNSでシェアしよう! /

魔法のしつもん認定マスター鳥海の「社員が自ら動き出す!社員教育に効く“しつもん”」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

魔法のしつもん認定マスター鳥海の「社員が自ら動き出す!社員教育に効く“しつもん”」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

鳥海祐二

鳥海祐二

静岡県浜松市のエイコー運輸㈱代表取締役、同業者向けマーケティング塾”鳥海塾”主宰、魔法のしつもん認定マスター。

労働集約型産業においてもマーケティングは絶大な力を発揮します。売上を上げるには絶対にマーケティングは必要です。

しかし、労働集約型産業の場合『設備=人』で売上の頭打ちが必ず起こります。設備=人を現状維持のまま売上をあげようとすると”人”の力が必ず必要になってきます。

社員さんが自発的に【考え】【気づき】【行動】を起こしてもらうためには、そのキッカケとなる適切な”しつもん”を提供する必要があります。

僕はこの”しつもん”を適切なタイミングで、適切なしつもんを発信することが得意です。

しつもんは社長も社員も変える魔法です。


コメントを残す

*

CAPTCHA


この人が書いた記事  記事一覧

  • ヒューマンエラーないですか?

  • 人手不足がなくなるかも??

  • 社長❗元気ですかぁ~❓

  • 仕事を任せるとは❓